• 理事 脇浜 紀子

    兵庫県立兵庫高等学校、神戸大学法学部を卒業後、1990年に読売テレビに入社。
    アナウンサーとして、「ズームイン!!朝!」「情報ライブミヤネ屋」など報道・情報番組を中心に担当。

  • 現場からの生中継でいかに情報をわかりやすく正確に伝えるかを探求してきた。
    「鳥人間コンテスト」の大会アナウンスやさまざまな番組でのナレーションもつとめ、音声表現にも力をいれる。
    2000年に米・南カリフォルニア大学のアネンバーグスクールでデジタル化がもたらす放送と通信の融合について学び、コミュニケーションマネージメントの修士号を取得。
  • 2010年には大阪大学大学院で国際公共政策の博士号取得。
    メディアと地域情報を主たるテーマに研究活動をしている。
    2015年7月、アナウンス部を離れコンテンツビジネスセンター・コンテンツ事業部に異動。
  • 著書に2001年「テレビ局がつぶれる日」単著(東洋経済新報社)、2014年「地域メディア力−日本とアジアのデジタルネットワーク形成」共著(中央経済社)、2015年「ローカルテレビの再構築〜地域情報発信力強化の視点から」単著(日本評論社)。

WAKIHAMA BLOG一覧へ戻る